プロフィール

 検索フォーム

 最新記事

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

 リンク

 ブロとも申請

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理栄養士の声

school.jpg  白河第一小学校
平山さん

小松菜は東京の生産者が送っているということで、その行為自体に励まされる。
地元の野菜も地産地消で4割程度は使っていたが、保護者の方の不安もあるので現状では数値としては安全であっても控える部分はある。
独自でサンプル検査をしている。
小松菜に関しては常温で送っても鮮度も大丈夫。
とてもいい小松菜で本当に助かっている。

120611_1156~01


school.jpg  東中学校
近内さん

小松菜が送られてきて、あまりに綺麗な小松菜なので現物を子供達に見せている。それで野菜嫌いな子供も頑張って食べている。思った以上の効果。
今年度は寒くて野菜が高い。青物である小松菜がとくに助かっている。
東中は線量が比較的低い地域で助かっているが、線量に対する意識に個人差があって、役場に線量計で自宅のものを計っている消費者もいる。
それでも『遠くから応援を受けている』ということに子供達も感謝している。

120622_083301_2s.jpg

_higasikko1.jpg_higasikko2.jpg


school.jpg  白河第二小学校
岡本さん

小松菜も綺麗。扱い易い。
保護者も以前よりは落ち着いたが、現状は白河市だけの基準=1kg 2.5ベクレル以下で対応している。
初期の頃は牛乳が結構厳しく、飲まない人も多かったが、今は全体的に落ち着いてきた。
小松菜は泥もついてなくて調理士も作業しやすいと好評。


school.jpg  大信学校給食センター
上遠野さん

小松菜が新鮮で美味しく食べている。
今年、野菜が高騰していて、生の青菜が使えないので普段は冷凍を使っている。
線量に対しての恐怖は同じ白河市内でも温度差がある。
第二小学校は遠方より来ている人もいるから細かい意見もあるが、逆に昔から福島に住む人々が集まる当センターの方は線量が高いにも関わらず比較的鈍感。
現状では地産地消出来ているが、検査あってこそ。
今までの当たり前が当たり前じゃなくなっている日々の中、数々の支援を生徒一人一人にプリントで出しているので保護者含め『感謝の気持ちが育っている』と思う。
 
 

< Prev | ホーム |  Next >

コメント

  • URL
  • 内容
  • 修正・削除用パスワード

△ ページの上端へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。